インフルエンザの感染能力は加湿器で大幅に減少する

インフルエンザの季節になると、どの家庭でも「今年こそは万全に対策をしたい」と思われるでしょう。特に小さいお子様がいる場合や、どうしても会社が休めない時など、インフルエンザにかかってしまうことだけは避けたいものです。しかし、どんなにうがいや手洗いを徹底し、栄養と休眠をしっかりとっていても、インフルエンザの猛威は強く、容赦がありません。冬場の感染能力は私達の想像を超えているのです。ウイルスの感染能力を抑え、猛威を食い止める有効な方法として、「湿度」をコントロールすることが重要になってきます。インフルエンザや感染症が猛威をふるうのは、決まって秋の終わりから冬にかけてです。この時期は、北からの寒気が到来し、湿度がぐっと下がります。夏場にインフルエンザが流行しないのは、この湿度が関係しているのです。密閉した部屋の中に、インフルエンザのウイルスを入れ、異なる湿度や温度によって、どう変化するのかを実験した結果があります。その結果、温度が下がり、湿度が低くなるほど、ウイルスの生存率は高くなり、逆に、温度を上げ、湿度を高くするほど感染能力は低くなり、生存率も下がることが分かりました。冬場に風邪が流行するのもこのためです。また、冬は私達の喉や鼻の粘膜が乾燥し、ウイルスが侵入しやすくなることも明らかです。インフルエンザのウイルス感染を防ぐには、乾燥を感じたら、こまめに加湿器を使用し、部屋の湿度を60%以上に保つことが有効です。また、アロマエッセンスなどの精油には殺菌効果があるものもありますので、アロマ専用の加湿器を使用するのも良いでしょう。加湿器は電器店やネットで購入することができ、値段も手ごろなので、積極的に活用しましょう。

トップページへ