七面鳥へのインフルエンザ罹患を防ぐためのポイント

高病原性鳥インフルエンザは、インフルエンザの中でも特に病気を発症する力が強い種類で、ウイルスを原因とするものです。
このインフルエンザに罹患した鳥は症状が現れると多くの場合、死亡してしまいます。高病原性鳥インフルエンザは、発生した土地から渡り鳥によって持ち込まれます。
これらの糞などが媒体となって野鳥や野生動物に罹患して感染が拡大していきます。七面鳥もこれらの病原体に感染することが知られています。
罹患した野鳥や動物と接触することで感染し、鶏と同様に症状を発症してしまいます。日本では、法律上H5とH7型のウイルスをこの高病原性インフルエンザと位置付けています。
わが国では七面鳥は食肉用として飼育されており、キジやほろほろ鳥と同じく屋内においてケージや平飼いされています。七面鳥を鳥インフルエンザに感染させないために様々なことに、注意をする必要があります。
まず、日常の管理の徹底を図る必要があります。日常の飼育管理にあたっては、長靴を着用し、飼育小屋に入る際には踏み込み消毒層などで長靴の消毒をします。
また、毎日七面鳥の飼育小屋の周りの清掃を行うようにして、野鳥などの糞や羽毛などがないよう清潔にすることが必要です。
掃除とともに定期的な飼育小屋の消毒を行い、飼育に当たったものは手洗や消毒を欠かさないようにします。
その他、七面鳥の状態の変化を見逃さないように、毎日の観察を怠らないようにします。日頃と違った行動や状態が見られる場合は速やかに対応します。
近隣で発生が見られた場合は、更に厳重に監視、管理を徹底します。この時期に七面鳥の補充、や仲間とのやり取りはしないようにする必要があります。
もし罹患が疑われる場合は、速やかに家畜保健衛生所への届け出をして、指導を受けて対処します。

トップページへ